聖闘士星矢ピンボールマシン

トップページ お問合せ・資料請?/a> プライバシーポリシー
HOME > 製作物案内 > 「国産牛肉が当面する課題と対応方向2015」を作成しました。
「国産牛肉が当面する課題と対応方向2015」を作成しました。 [2016-04-19]
国産牛肉が当面する課題と対応方向2015
−繁殖和牛増頭への取組み−


 わが国の肉用牛飼養頭数の維持・増頭は、大きな課題となっています。
 (公財)日本食肉消費総合センターは自主事業として、国産牛肉の産地ブランド化を推進し、安定した販売を行っているブランド牛肉の事例調査を平成20年度から実施してきましたが、上述したような問題があることから、牛肉生産の川上に相当する繁殖牛の増頭への取組について調査することとしました。
 ここに紹介する事例は、和子牛生産を推進している方々やこれから推進しようとしているる方々にも参考になると思われますので、ご覧ください。
 執筆者は以下の方々です。

甲斐 諭 (中村学園大学 学長)
中川 隆 (別府大学 准教授)
堀田和彦 (東京農業大学 教授)
豊 智行 (鏡島大学 教授)


[ 仕様 ]

A4判
カラー

[ ファイル ]

国産牛肉が当面する課題と対応方向2015.pdf


Back